8月 13 2013

効果のあるのぼりの色

お店の宣伝や応援旗など多くの場所で使われるのぼりですが、どのような色にすれば効果があるのでしょうか。

まずお店の宣伝で使うには、とにかく遠くからでも目立たせる必要があるので、見た人の印象に残るように赤や青などの原色を使う場合が多いようです。

セールなど安さをアピールしたいのであれば、赤を使うと効果があると言われていますし、また八百屋など野菜や果物の新鮮さを伝えたいならば緑、フレッシュなイメージの黄緑などがいいかもしれません。

季節の商品をアピールしたいのであれば、夏はさわやかな青や水色、秋はオレンジや赤などが向いていると言えるでしょう。

ただ目立てば良いというのではなく、周りにお店がある場合は、他の店と同じ色にならないように注意も必要です。

応援用ののぼりの場合には、チームカラーを使ったり学校であれば緑や紫など落ち着いた色の生地に、文字がしっかりしていて読みやすいのぼりが使われることが多いようです。

特に学校向けのものは多くの色を使わずにシンプルなものが良いでしょう。

目立つことが最大の目的ののぼりですが、多くの色を使えば目立つというわけではなく、遠くからでも、車や電車など移動中でも目にとまり理解できるようにするには、多くの色を使わずシンプルなものが一番効果があるのかもしれません。

Comments are closed.